限界までは生きる

人生後半戦を生きるために生活費を稼ぐ方法を模索します。
Top Page › 痩せてマイナンバーカードを取得しよう › [14日目 これが今の自分]痩せてマイナンバーカードを取得しよう
2021-06-17 (Thu) 08:07

[14日目 これが今の自分]痩せてマイナンバーカードを取得しよう


【ダイエット方法】
・起床数時間後に1食してあとはなにも食べない1日1食ダイエット。
(カロリーや栄養バランスは考えない。好きなものだけを食べないとつづかない。1食を食べすぎないようにだけ注意)

・運動はしない。
(運動で痩せてしまうと一生運動しつづけないと体型を維持できない)

・なるべく体重は量らない。
(停滞期に体重が落ちていないとやる気がなくなってやめてしまう)

・毎日長時間外出する。
(家にいるとどうしても食欲に負けて食べてしまう。外出していると食欲を抑えられる)





202106130008512ce.jpg

1日1食ダイエット14日目の1食は親子丼です。

ええ、また親が用意したものを食べましたよ、ダメ人間ですから。そして、この日も3日連続で外出しませんでした。さらにこのあともテーブルに置いてあるパンなどを勝手に食べましたよ、ダメ人間ですから。

しかもこの日はのどが詰まって苦しくなってえずく症状が大悪化し、苦しくて目が覚めて急いでブロン錠を飲みました。加えて定期的にやってくる強烈な頭痛の日でもあったので、とても外出できる状況ではなく、ブロン錠と頭痛薬を飲んで安静にしていました。毎日ブロン錠を3回以上飲み、おまけに頭痛の日には頭痛薬も飲まなければならないので、このまま薬の併用をつづけたら今後どんな副作用があるのか怖いです。

私はもともとダメ人間ですが、すくなくともダイエットに関してはがんばれる男でした。一度痩せると決めたら、ほぼ毎日外出して毎回一気に痩せていました。私が過去にダイエットに成功したときを年齢で言うと21歳、22歳、24歳、25歳、27歳、34歳ですが、痩せるたびにその後かならずリバウンドしてしまったのも「どうせ私がその気になれば、いつでも容易に痩せられる」という思いが強くあったからです。ところが今回はどうにもダメです。

年々情熱や意欲を失い、加齢により体が動かなくなっていることは自分でもうすうす感じていました。それでもダイエット開始当初は1日も無駄にせずあっというまに痩せてみせるつもりでした。でも、現実はなにをするにもおっくうです。もちろん自分の人生から逃げるのをやめて前進すると腹をくくったばかりですから情熱や意欲がまるでなくなってしまったわけではありません。それでもどうもおっくうだという気持ちのほうが勝ってしまいます。

24歳のときには学校一の美少女だった同級生に会いたい一心で1日1食で自転車で毎日3時間爆走して10日で10kg以上痩せたことがありましたが、いまやそこまで激しい情熱は持てそうにありません。

いつまでも若いつもりでいましたが、ひきこもって人生を無駄にしているうちにとっくに老いていました。老いるとは肉体が老化するということだけではなく、情熱や意欲を失うことなのだと思います。もう心身ともに若いときのように激しくはできそうにないので、いまの自分にできるペースで地道にゆっくり休みながら前進していきます。





20210614175836c99.jpg

これ以上親に食事を用意させたくないので、西友のネットスーパーで食料を購入しました。





20210614175336e9d.jpg

寝る前はいつもコップに水を汲んでから寝ています。苦しくて目が覚めたらすぐにブロン錠を飲めるようにです。
関連記事

 LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↓1日1回ずつ押してもらえれば私の人としてのランキングが上がります。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

Comments







非公開コメント
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ PVアクセスランキング にほんブログ村